2019年11月10日(日)&11月17日(日)10:00~17:30

インタビュー音声(33分) このページを見ながら対談しました。

ダウンロードは右クリック

加藤草平さんのブログによれば、彼のTOEIC受験歴はこうです。

2008年03月730 2009年01月965 2009年03月965 2010年01月965
2010年10月990 2011年01月990 2011年06月990 2011年07月990
2012年01月990 2012年07月990 2012年10月980 2012年11月990
2013年01月985 2013年03月985 2013年04月985 2013年05月990
2013年06月990 2013年07月990 2013年09月990 2013年10月990
2013年11月990 2014年01月990 2014年03月985 2014年04月990
2014年05月990 2014年06月990 2014年07月990 2014年09月990
2014年10月990 2014年11月990 2014年12月990 2015年03月985
2015年04月990 2015年05月990 2015年06月990 2015年07月990
2015年09月990 2015年10月990 2015年11月990 2015年12月990
2016年01月990 2016年03月990 2016年04月990 2016年05月990
2016年06月990 2016年07月990 2016年09月990 2016年10月990
2016年11月990 2016年12月990 2017年01月990 2017年03月990
2017年04月990 2017年05月990 2017年06月990 2017年07月990
2017年09月990 2017年10月990 2017年11月990 2017年12月990
2018年01月990 2018年03月990 2018年04月990 2018年05月990
2018年06月990 2018年07月990 2018年09月990 2018年10月990
2018年11月990 2018年12月990 2019年01月990 2019年03月990

加藤さんは、最近は600点や730点を狙って受験しているようです。彼にとっては、狙って取るスコアとして最も簡単なのが990点なので、きっと990点に飽きてしまったのでしょう。

その加藤さんと、新企画について相談しました。

前「去年は猛牛の音読ジムを、今年は猛牛の音読キャンプをやって、いかがでしたか?」
加「良かったです。みんなが真剣に音読する姿を見れて、うれしかったです」

前「One Dayセミナーでも合宿でもない企画を作りませんか?」
加「と言うと?」
前「自主トレの時間が長いやつです」
加「なるほど。確かにOne Dayセミナーも合宿も、やらされている時間が長いですね」
前「そう。強制された時だけやるのでは不十分ですよね」
加「確かに」
前「大切なのは参加者が内部からトランスフォームすることですから、今回はそこを重視したいんです」
加「トランスフォームですか。確かにそれが一番重要ですね」
前「1日だと足りないですよね」
加「では、2日かけてやりましょうか」
前「はい。Day 1とDay 2の間にアホほど宿題を出すんです」
加「いいですね。口が壊れるまで練習してもらいます。誰もサボれないよう、連帯責任制にしていいですか」
前「もちろん。きっちりやり遂げた人が行動する人に生まれ変われるようにしてください」
加「桶!」

レベルと対象

このゼミで体験することは、今の英語レベルに関係なく誰にでも有益です。ただし、教材として使う公式問題集が難しすぎると思う人には向きません。ですから、公式問題集などに収録されているPart 4のスクリプト(スピーチや会議中の発言)を2回読んで理解度が50%に達しない方は対象外とします。なお、念のためにクリアにしておきますと、このゼミの目的はTOEICのスコアアップではありません。問題を「解く」時間は1ミクロンもありません。

保有するTOEICスコアや資格は重要ではないので、下限も上限も設定しません。英語力を高めたいと強く願っているのであれば基本的にはどなたでも参加できます。

ほか、想定する参加者像を書くとこうなります。

・「英語を英語で考えるとは何ぞや」と思っている人 (「英語で考えるってこういう感覚か!」と実感できるようになります)
・独学でTOEICの点数(英語力)をできるだけ上げたい人 (「確かにこれなら、頑張れば一人でできる」と思える学習法(音読練習法)を知ることができます)
・独学でやっている学習法に不安がある人 (講師と一緒に音読練習をすることで、独りでも自信を持って練習を続けられるようになります)

・音読? 意味あるの?と思っている人 (「このやり方なら確かに英語力が上がりそうだ」と思えます)
・TOEICでの「解き方」にこだわってしまう高得点者(730点以上) (「こんなに英語力が上がるなら、確かに解き方は小さい問題なのかも」と思うようになります)
・特にテスト対策をせずにいつでもハイスコアを維持したい人 (「英語がきっちりと理解できるレベルまで自分の能力を上げておけばテスト対策は不要」と実感できるようになります)

・「やるべきこと」を押し付けられたい人 (本当にアレコレ強要します。自分が好きなように勉強したい人には向かない企画です)
・自分の英語学習がダメダメであることを思い知らされたい人 (あなたの英語学習が甘すぎることが証明されるゼミです)
・「英語をばりばり学ぶ人」になりたい人 (今回、あなたがrebornするきっかけを作ります)

必ずお読みください

以下に合意する方だけご参加いただけます。
・大量の宿題が出ます。Day 1からDay 2まで、毎日2時間以上の学習時間を確保してください。
・宿題の成果をDay 2で発表していただきます。
・単日参加はできません。両日に参加できることを確認してからお申し込みください。

・指定教材のTEST 1とTEST 2にあるPart 4から、いくつかのセットを使います。
・指定教材を事前に解答しているかどうかは参加資格に関係ありません。
・TOEIC攻略法には触れませんし、練習問題を解く時間はありません。

・Day 2の終わりまで、脱落も脱走もできません。
しんどいトレーニングに大量に取り組んでいただきます。
・英語力を上げたいと本気で願っていない場合はご参加いただけません。

ペアワークやグループワークが嫌な人は参加しないでください
・会期中、LINEで他の参加者&講師にメッセージを送信することが必須です。LINEを知らない方や使えない方はご参加いただけません。(利用方法はDay 1で説明します)
・後で説明される、音声の再生&録音機器を必ずご持参ください。

ゼミ受講者限定の講義動画

Day 1とDay 2に加えて大量の宿題が出ますが、それだけでなく、受講者だけが閲覧できる講義動画も提供されます。ゼミ当日の時間をなるべく有効活用するため、動画に適した部分(メソッドを説明するレクチャーなど)は動画で提供します。申込者に、Day 1より前にメールで専用リンクが送られますので、必ず閲覧してから出席してください。(動画の長さは現時点では未定)

猛牛の音読ゼミ

日時:2019年11月10日(日)&11月17日(日) 10:00~17:30 受付9:30
   *単日参加はできません *Day 1終了後に任意参加の懇親会あり
料金:29,000円(税込) *学割:24,000円(学生証必要&全日制のみ対象)
講師:加藤草平(英語講師)
会場:T’z英語ラウンジ(京王線「千歳烏山」駅 徒歩4分)
定員:32名(指定席)
教材:『公式 TOEIC Listening & Reading 問題集5』 *ご持参ください
持ち物:筆記用具、イヤホン、音声の再生&録音ができる機器(下に説明あり)
対象レベルの目安:TOEICのPart 4のスクリプトを2回読めば理解度が50%を超える方

全席指定となります。ただし、視力などを理由に特別なリクエストがある場合に限って、申込時に申請することができます。

【超重要-1】音声と機材について

下のAかBに指定教材の音源を事前にコピーしておいてください。

A. 下の機能を持つ再生&録音機器(ICレコーダーやWALKMANなど)をお持ちください。
(1)「AB間リピート再生」が可能 (2)「変速再生」が可能

B. スマートフォンとアプリ
スマートフォンはiPhoneでもアンドロイドでも可。自分の声を録音できるアプリ(ボイスメモなど)と、「AB間リピート再生」と「変速再生」が可能なアプリを入れておいてください。推奨アプリは以下です。

講師推奨のアプリ 「ABプレイヤー」「Audipo」「ハヤえもん-音楽プレーヤー」

【超重要-2】LINEについて

会期中、LINEで他の参加者&講師にメッセージを送信することが必須です。スマホ版またはパソコン版のLINEを使えるようご準備ください。

【タイムテーブル(Day 1とDay 2共通となる予定)】
10:00~11:30 セッション1(90分)
11:45~13:15 セッション2(90分)
13:15~14:10 昼食
14:10~15:40 セッション3(90分)
15:50~17:20 セッション4(90分)
17:20~17:30 質疑応答など

加藤草平(かとう そうへい)  TOEICテスト990点満点62回取得。大手英会話スクール勤務を経て自身のTOEICスクール運営を開始。企業・大学での講座も担当。現在は主に英語教材制作に携わっている。著書に「TOEIC L&Rテスト 猛牛の文法問題」(旺文社)、監修に「TOEIC®L&Rテストプライム模試600問」「TOEIC®テストリスニングだけ300問」(いずれもアルク)、共著に「TOEICL&Rテスト基本単語帳」(研究社)、執筆協力に「TOEIC®テスト最強攻略PART1&2」(コスモピア)など。また、英語学習ブログを持ち、TOEIC学習者にJet Bullの名前で知られている。YouTube「猛牛ちゃんねる」でTOEICテスト対策動画も配信中。

↓「猛牛ちゃんねる」は登録者1万2千人の人気チャンネル

メッセージ
昨年行った「音読ジム」は、音読トレーニングの仕方を実際に講師と行い、音読トレーニングの仕方を学ぶというものでした。今回の音読ゼミは、それにプラスして「独学で音読を続ける」ということに焦点をあてています。ゼミのDay 1とDay 2の間には6日間の「疑似独学期間」とでもいうものがあります。Day 1で音読トレーニングの仕方を学んだ後、翌日からはひとりで音読トレーニングを続け(疑似独学期間)、その成果をDay 2で確認するという形を取ります。この疑似独学期間に音読トレーニングという学習法を身につければ、ゼミ後も確実に英語力を伸ばしていけるでしょう。決して楽ではありませんが、「こうすれば英語力が伸びる」という感覚が実感できるため、非常にやりがいがあります。英語力を伸ばしたい!音読トレーニング、やろうと思っていたけど、こういうきっかけを待っていた!そんな方はぜひ一緒に頑張りましょう。

教材について

『公式 TOEIC Listening & Reading 問題集5』の「解答解説編」をご持参ください。事前に解答を終えていてもいなくてもセミナーには支障ありません。TEST 1とTEST 2の音源を事前に再生機器にコピーしておいてください。

申し込み方法

満席のためキャンセル待ち登録を受け付けています。

キャンセル待ちをする
企画名:猛牛の音読ゼミ 開催日:11月10日