満席となりました。キャンセル待ちを受け付けています。

2018年7月28日(土)13:30~17:00

TOEICスコアは、特にリスニングのスコアは伸びたけど、英語を聞く力が伸びた気がしない。
もしかすると、あなたが伸ばしたのは「スコア」だけかも。TOEICはマーク式テストなので、「正解を選ぶ力」や「消去力」などの技術を磨けばスコアは上がります。ある程度は。そう、ある程度は技術力UPによりスコアUPするものです。なので、実際のリスニング力が伸びたと勘違いしても無理はありません。この機会に、振り返ってみてください。試験にだけ役立つスキルを磨いてきたのか、それとも、どんな英語が耳に飛び込んでも、一発で聞き取る力を磨いてきたのか。

TOEICスコアは伸びたけど、スコアに見合うスピーキング力はない。 (`ω´)キリッ
もし、英語のスピーキング力を伸ばしたいならば、そのための練習をするべきです。「ハイスコアなのに話せない」と嘆く前に話す練習をしてください。そう、あなたは話す練習をしてこなかったから、話せないだけです。もし、話す練習をしてきたのであれば、そのメニューが間違っているか、順番がおかしいのかもしれません。この機会に、スピーキング練習のメニューと手順、言ってみれば「独学テンプレート」を手に入れてください。

この日が「聞く&話す」力を同時に伸ばしていくスタートになるでしょう。今回のセミナーの目的は、あなたの英語学習を次のステージに引き上げることです。

聞ける!話せる!英語学習Nextステージ ~「ヒアリングマラソン」主任コーチ&鬼コーチが伝授~

開催:2018年7月28日(土)13:30~17:00
料金:4,000円(税込)
講師:松岡昇(「ヒアリングマラソン」主任コーチ/獨協大講師ほか)、冨田三穂(神田外語大講師)
会場:T’z英語ラウンジ(京王線「千歳烏山」駅 徒歩4分)
定員:30名
対象:英語学習が好きだけど伸び悩みを感じている人/リスニング力、スピーキング力を伸ばしたい人
持ち物:筆記用具
対象レベルの目安:英語力中級(TOEICスコア600点~900点)を想定します。
動画撮影:あり

【タイムテーブル(予定)】
13:30~14:35 第1部 「英語を一発で聞き取る耳作り」 <松岡昇>
14:35~15:45 第2部 「スピーキング魂Live」 <冨田三穂>
16:00~16:25 第3部 英語学習なんでも相談室
16:25~17:00 茶話会

コンテンツ

第1部 「英語を一発で聞き取る耳作り」をテーマに、リスニングのメカニズムと「4つの壁」を紹介。スケッチングやディクテーションなどを取り入れたリスニング学習に取り組みながら、弱点を発見し対処する方法を実体験していただきます。
第2部 リスニング訓練の後にはスピーキング練習を。通信講座「1000時間ヒアリングマラソン」の新コーナー「スピだま」(スピーキング魂)のライブ版です。脳に効くスピーキング訓練を体験してください。
第3部 英語学習に関する何でも相談室。事前に集まる質問や悩みに加えて、来場者による質問や相談にコーチが回答します。

コーチ紹介

松岡昇 青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程修了。獨協大学、立教大学、東洋大学講師。専門は国際コミュニケーション、社会言語学。NPOグローバル・ヒューマン・イノベーション協会理事。通信講座『1000時間ヒアリングマラソン』(アルク)の主任コーチを務める。また、企業ではグローバル人材育成コンサルティングや研修(ビジネス英語、異文化理解など)を行う。『日本人は英語のここが聞き取れない』『英語学習の壁はディクテーションで乗り越える』(以上、アルク)、『会話力がアップする英語雑談75』(DHC)など英語学習に関する著書多数。ニックネームは「マッツ」。趣味は勝てないテニス、話せない落語、スウィングできないジャズ、イタリア人もびっくりの手打ちうどん。

コーチからのメッセージ
日本語と同じくらいの気楽さで耳を傾け、かつ、話の内容がクリスタル・クリアーにつかめる。そんなリスニングができたら最高ですね。一朝一夕に叶う夢ではありませんが、そんなリスニング力を目標に、マクロとミクロの両方から迫る練習を一緒にやってみようと思います。TOEICのリスニングで常に「グレーな理解」が付きまとうという方、英語のニュースを聞いても部分的な理解だけで全容がつかめないという方、英語で話していて相手に“Pardon?” を連発してしまうという方、皆さん歓迎です!

ヒロ前田よりヒトコト
ボクが松岡先生に最初にオファーし引き受けていただいた企画は「TOEIC模試&セミナー」でした。今から21年も前のことです。それ以来、数多くのセミナーや連続講座の講師をお願いしてきました。これまでに多くの講師とコラボしてきたボクの仕事歴の中で、松岡先生ほど長期間ご一緒させていただいている講師はほかにいません。7月28日が待ち遠しいです。

冨田三穂 神田外語大学講師。慶應義塾大学文学部卒業。上智大学大学院言語科学研究科博士前期課程修了(専攻:言語学)。研究対象は、主に日本人英語学習者のスピーキング技能発達過程について。大手英会話スクール講師や通訳・翻訳者を経て、現在は大学生、ビジネスマンを対象とした授業やセミナーを担当。通信講座『1000時間ヒアリングマラソン』(アルク)の「スピーキング魂」担当コーチ。監修に通信講座『TOEIC LISTENING AND READING TEST 完全攻略500点コース』(アルク)、カシオ電子辞書「EX-word RISE」学習プログラム監修協力、共著書にユーキャンの通信講座『TOEICテスト対策講座』など。普段は「癒しの」丸笑顔と言われるが、授業では「笑顔の鬼ミホ」と呼ばれる。

コーチからのメッセージ
何年も勉強したのに、いまいち英語がスムーズに出ない‥、いざという時に気の利いたことが言えない‥という方にオススメなのが「スピーキング魂」。今回はそのライブ版ということで、コーナーで紹介している自己学習法を実際にミニ体験していただきます。英会話学校に通わなくても、スピーキングの練習はできます。ぜひ実感してください!

ヒロ前田よりヒトコト
冨田講師が開くT’zのセミナーはすぐに満席になるのがデフォルトで、これまでに作ってきた「キャンセル待ち」リストには50名以上が列を作っています。今年、ヒアマラのコーチに就任し、主任コーチと共演することになりました。どんなセミナーになるか、個人的にも楽しみです。

(司会)ヒロ前田
神戸大学経営学部卒。TOEICの受験回数は100回を超え、47都道府県で公開テストを受験する「全国制覇」を2017年5月に達成。取得スコアは15点から990点まで幅広い。TOEIC関連の著書多数。

「1000時間ヒアリングマラソン」とは?

アルクが1982年から毎月制作している「更新型」の英語教材。英語を身につけるには膨大な時間と継続的努力が必要であり、「○○だけでOK」といった安易な発想を一切認めない姿勢が本物志向の学習者から支持を得ている。教材レビューランキングで何度も一位を獲得している国内で類を見ない「ホンモノ追求型」の人気教材。その名から「リスニング教材」を連想されがちだが、英語習得には多角的アプローチが必須と説いている。(詳細はこちら

*このセミナーはT’z英語ラウンジが独自に企画・運営するものであり、アルク社の販促活動として実施される企画ではありません。

セミナーへの申込方法

満席のため、キャンセル待ち登録を受け付けています。
下のフォームの「お問い合わせ内容」に必ず「0728キャンセル待ち」とお書きください。(その記述がない場合、無効となります) 空席が出た場合、メールでお知らせします。

キャンセル待ちをする

第3部用の「質問」は、申込時には記入する必要はありません。後日、ご入金いただいた方にアンケート調査が行われます。