2021年3月28日(日)10:00~17:40

英語指導者(教員・講師)むけのセミナーです。学習者の自発的な行動を促す手法として、注目されているコーチング技術を学ぶ貴重な機会です。ティーチングスキルに追加するスキルとしてコーチングを学びたい英語指導者のご参加をお待ちしております。

船橋由紀子さんとは

今回、講師を務める船橋さんは、自身を「英語学習コーチ・メンタルコーチ」と呼んでいます。いわゆる講師ではなくコーチである彼女は、受講生(クライアント)に英語を「教える」ことはないそうです。

「英語を教えなくても、大きな成果は出る」と聞いたボクは、「船橋さん、今までに船橋さんが担当したクライアントの成績を教えてください。世に公開してよければ」とお願いしました。そうして出てきたのが下のデータです。これは、彼女のクライアントが体験したTOEICのスコアUP実績です。まず、2019年実績から。

担当前 担当後 伸び幅
400 615 215 UP
405 705 300UP
455 725 270 UP
475 665 190 UP
485 690 205 UP
500 735 235 UP
510 715 205 UP
580 760 180 UP
595 760 165 UP
605 815 210 UP
605 860 255 UP
640 795 155 UP
645 825 180 UP
670 845 190 UP
730 890 160 UP
745 900 155 UP

次に、2020年の実績の一部です。

担当前 担当後 伸び幅
295 520 225 UP
345 535 190 UP
435 710 275 UP
445 715 270 UP
460 675 215 UP
460 690 230 UP
500 740 240 UP
570 705 135 UP
575 810 235 UP
580 825 245 UP
600 800 200 UP
690 850 160 UP
695 815 120 UP

前「これって、学習期間はどれくらいですか?」
船「人によって違います」
前「半年とか1年はコーチングしたんですよね」
船「いえ。だいたい2カ月です」

前「え。2カ月でこんなに伸びたんですか。全員?」
船「全員、2カ月から3カ月です」
前「担当前のスコアが実は5年前のものとか、そーゆー変なトリックはないですよね?」
船「ないです。コーチング期間の直前と直後に取ったスコアです」

前「英語を教えずにここまで伸びるとは。いや、教えないから伸びるのかな」
船「そうです。結局、学習者自身が勉強しないと結果は出ませんから」
前「なるほど。この続きは対談で話しましょう。録音して公開したいです」
船「わかりました」

ということで、2月9日に対談しました

船橋さんとヒロ前田が対談して録音しました。トピックの一部を抜粋すると以下の通りです。

・大学経済学部を卒業した船橋さんが劇団員になったのはなぜか?
・タカラジェンヌの血を引く船橋さんが「守りに入ろう」とした事情とは?
・なぜ、船橋さんは転職後わずか2カ月でコーチとしてデビューできたのか?
・『アツイ コトバ』の杉村太郎氏との関係とは?

・クライアントにとってコーチはどんな存在なのか?
ティーチャーとコーチの大きな違いとは?
・クライアントが学習を続けたくなるようにするためにコーチが使う技術とは?
・コーチが行う「引き出す」タイプのコミュニケーションとは?

・コーチングに「向く人」と「向かない人」はいるのか?
・クライアントよりコーチの英語力が低くてもコーチングが機能する理由は?
・なぜ、「ティーチャーがコーチングスキルを手に入れたら最強」なのか?
・船橋さんが感じるコーチングの面白さ、やりがいとは?

興味のある方はお聴きください↓
第1部の音声(59分)

第2部ではセミナーの内容を話しました。かなり詳しく話されているため、参加を検討している方は可能な限りお聴きください

・指導現場にコーチングを導入することのメリットは?
・小学生に対してもコーチングが有効なのはなぜか?
・なぜ、子育てに悩むお母さんがコーチングを学ぶのか?
GROWモデルの意味

・ロールプレイを通じて学べることは?
・席により異なる「体験」の違い(重要な話です)
・セミナー当日に行われるワークとは?(細かい話をしています)
・講師とのやりとりが頻繁に発生する理由とは?

・全体のうち「話を聴く時間」は何割くらいか?
・リモート受講者がワークの様子を見るだけでもタメになる理由は?
・「眼鏡を掛けていることに気づく」とはどういうことか?
・「コーチは相手にスポットライトを当て続ける」の意味は?

ぜひ、お聴きください↓
第2部の音声(58分)

対象は英語指導者のみ

今回のセミナーは、職業として英語を教えている方が対象です。中学・高校・大学・専門学校・英会話スクールなどで指導をしている方、フリーランス講師や企業研修講師などとして英語を教えている方で、学習者への貢献方法に幅を持たせたい方を想定しています。例えば、以下のような人々を想定しています。

・「教える」以外のスキルを手に入れたい人
・英語学習者の伴走者になるための技術を身につけたい人
・自ら学び成果を出す生徒を増やしたい人
・学習者から選ばれる相談相手になりたい人

・悩みを持つ学習者が頼りにする存在になりたい人
・英語学習コーチングを学んでみたい人
・クライアントとのコミュニケーションを円滑にしたい人
・自らの受講生の目標達成に貢献したい人

・このセミナーの参加を希望する方の英語力は不問です。
・教えている内容(英会話・受験英語・ビジネス英語・試験対策など)も不問です。
・指導対象は小学生~社会人とします。

例えば、このようなセッションを行います

今回扱ういくつかのセッションにタイトルを付けてもらいました。

・英語学習コーチの果たす役割とは?
・ティーチングとコーチングの違いとは?
・コーチングで使用する一つのフレームワーク:GROWモデル
・学習者のやる気を引き出す秘訣
(3つの目標の立て方/相手のWant toを引き出す)
・学習者の気付きを促す秘訣(スケーリングを活用する/学習者の盲点を発見する)
・学習者タイプを把握したコーチングアプローチ
・グループコーチングとマンツーマンコーチング
・ロールプレイ

席は2種類

受講形態(席種)は2種類です。セミナーを通じて得られるノウハウは同じですが、体験の種類が少し異なります。現場で直接指導を受けたい方にはリアル受講が、会場に来られない方やワークを望まない方にはリモート受講が適しています。

リアル受講
T’z英語ラウンジで受講/各種ワーク=あり/講師とのやりとり:あり/講師への質問:あり
(下の説明の通り、ワーク中の受講者の様子をリモート受講者が見学する機会があります)

リモート受講
zoomで受講/ビデオ=任意/各種ワーク=なし/講師とのやりとり:なし/講師への質問:あり
セミナー開始時に書籍を提示していただく際と、講師に質問をする際にはビデオON

講義形式で講師の話を「聞く」時間に加え、リアル受講者には「傾聴」や「質問」などを実践するワークがある一方、リモート受講者には誰かと話す機会(ペアワークなど)はありません。独りで行うワークはあります。

重要なのでご確認ください

リアル受講者が各種ワークに取り組むとき(数分間×数回)は、会場の様子がリモート受講者に生中継されますが、音声が混ざるため話の内容を理解できないと思われます。そのため、ワーク終了後に一部の受講者にワークを再現していただいたり、講師がモデルを見せたりするなどして、リアル受講者にもリモート受講者にも学びが大きくなるよう配慮します。

ちょっと信じがたいことですが・・・

「受講いただく方に何か特典を用意してもらえませんか。何かの割引とかどうでしょう?」とお願いしたところ、船橋さんは即答しました。「コーチングに関するオンライン相談を30分無料で受けます」と。

この特典は個別対応なので、仮に30人がこの特典を利用すると、船橋さんは15時間も個別相談に応じることになります。完全に無報酬です。さすがに怪しいと思ったので確認したら、「コーチングを世の英語指導者に知ってほしいんです」と答えてくれました。絶対にメリットしかないので、安心してご利用ください。

受講特典 コーチングお悩み相談 時間:30分×1回 形態:zoom(音声のみ) 期限:2021年5月末 料金:無料 申込方法:当日発表

英語学習コーチング入門 ~理論と実践でスキルUP~

形態:ミックス型(リアル受講とリモート受講)
日時:2021年3月28日(日)10:00~17:40
料金:12,000円(税込)
会場:T’z英語ラウンジ(京王線「千歳烏山」駅 徒歩4分) or オンライン
定員:リアル受講=8名(最少2名)、リモート受講=40名(状況により増席あり)
講師:船橋由紀子(英語学習・メンタルコーチ)

対象:職業として英語を教えている方(詳細は上述の通り)
教材:『超コーチング式英会話上達法』(紙版/アルク/1,650円) *ご準備ください
準備物:筆記用具、zoom受講用の機材(パソコン推奨/イヤホンなど)
録画:なし(参加者による録音・録画も禁止)

【タイムテーブル】
10:00~11:30 セッション1(90分)
11:45~13:15 セッション2(90分)
13:15~14:15 昼食
14:15~15:45 セッション3(90分)
16:00~17:30 セッション4(90分)
17:30~17:40 QA(10分)

リモート受講に必要な機材
zoomで受講するにあたり、パソコンを使うことを強く推奨します。スマホやタブレットでの受講は不可能ではありませんが、推奨しません。リモート受講にPCを勧める理由

講師からのメッセージ
皆さま、初めまして!英語学習コーチの船橋です。講座にご興味を持っていただき、ありがとうございます。コーチングって、本格的に学ぼうとするとガッツリとスクールに通う必要があったり、そもそも英語学習コーチングを公開で教えている場所は、現在かなり限られています(しかもこの破格の受講料で・・というのは皆無ではないかと)。
「英語学習コーチングって、先生方にとって絶対に現場で役立つスキルなのに、学ぶ機会が限られているのは、もったいない!」そんな、モヤっとした想いをT’zさんに汲み取っていただき、今回講座を開催させていただくことになりました。英語指導の現場にコーチングを取り入れてみたい先生方に是非ご活用いただければ!と思っています。(船橋由紀子)

船橋由紀子 英語学習コーチ・メンタルコーチ。(株)インターナル・ドライブ代表取締役。立教大学経済学部卒業後、文学座附属演劇研究所を経て、役者・MC・ナレーターの道へと進む。2017年独立。独立前から個人的に学びを深めていたアドラー心理学やNLP(神経言語プログラミング)の知識を活用し、学習者に合った英語学習の指導を提供。明るいキャラクターと的確な指導力に定評がある。2カ月間のTOEIC企業研修では200点アップを実現した学習者を続出させており、英会話コーチングでは多くの経営者を顧客に持つ。NLPマスタープラクティショナー。アドラー心理学に基づいたコーチングを学べる「アナザーヒストリー」のプロコーチ養成スクール修了。同スクール認定コーチ。著書に『超コーチング式英会話上達法』(アルク)』、共著に『人生を変える「続ける」技術』(ナツメ社)がある。

船橋さんの著書

参加者の声

船橋さんからコーチングを受けたクライアントより

クライアントの成長を絶対に信じているコーチだからこそ、人生で初めて英語の勉強が続いています。TOEICへの専門知識を持ち合わせながら、合わせて個々のキャラクターに応じたフィードバックの的確さ、講師の人柄含めモチベーション向上への貢献、どれも素晴らしいです。

船橋 由紀子さんから英語に関してコーチングを受けているが、最近は、英語の勉強の戦略立案と合わせて、人生の振り返りや今後の目標設定に多くの時間を充ててもらっている。

何か行き詰まりを感じている時、意味がある一歩を作りたいとき、良い方向へ人生を動かすための変化を作りたい時には、優秀なコーチのサポートを受けることは、本当に意味がある。

船橋さんの絶妙な褒め方&プレッシャーのかけ方、全てがやる気になっています。僕の性格には、船橋さんみたいな先生がいいんだなと思いました。違う先生なら緊張感も無く、悔しさも起きず、サボっている可能性大です。

船橋さんのコーチングセミナーを受けた英語学習者より

Grow モデルや、科学的に効果的な言語学習法などが新しい発見でした。また、自分が山登り型というのがよくわかったので、アウトプットを強化していきたいと思います。

タイプ別勉強法により、最近の悩みに対する方向性が見えたような気がします。開始数分の段階で講師の書籍を発注しました。

勉強法に関しては、なんとなく自分の中でも「こうしたほうがいいんだろうな〜」と実感していたことではありましたが、船橋先生がとてもわかりやすく言語化してくださったので、何をすべきかが整理できた気がします。

モチベーションを保つために3タイプの目標を立てるといい、というのがよかったです。
“自分がどんなタイプか?という日本人が好きな診断系のお話があったり、そこで自分のタイプや自分にあった勉強方法などがわかったので試してみようと思いました。(今までの勉強方法が真逆のタイプの方法でトライしていたという事が判明しました/故に挫折を繰り返し…)

オンライン英会話を続けてはいるものの、全く成長している気がしない理由が残念ながらとてもクリアになりました。反省して自分の性格に合った方法で目標立てながら今後は実践していきたいと思います。

Q&Aでは、初心者には、上級者にはといった感じで受講者のスキルに合わせたアドバイスがあり、自分ごととして情報を受けとれたので素晴らしいなと思いました。
個人的に指導してほしいと思ったぐらいです。

船橋さんのコーチングセミナーを受けた英語指導者より

大変参考になり、ありがとうございました。コーチングとティーチングの線引きができていなかったことに気づかされました。

英語のコーチング講座は以前も受講したのですが、今回再度コーチングの凄さを再確認させていただきました。ありがとうございました。船橋先生、ハートがあったかい尊敬できる人ですね。

実際にコーチング体験をすることで、本だけを読むよりもどんな感じかわかったと思います。自分で取り入れたいと思うことがいろいろありました。

ティーチングしか経験が無いので相手の気づきを引き出す、アドバイスはしないというやり方にとてもびっくりしました。今迄の一方通行の授業で無くこのコーチング方式を早速取り入れて今後に活かして行きたいです。コロナの時の今こそ一番求められるやり方ではないかと思いました。先生有り難うございます。

コーチングについて初めて学ばせていただき、衝撃を受けました。今後もコーチングについて学んでいきたいです。

座学だけでなく適宜ワークを通して学びを体感する形もとても良かったです。先生のコーチングデモや参加者からの質問への対応の仕方(質問の意図を明確にしたり、深掘り質問等)にも学ばせて頂く点が沢山ありました。

教材について

『超コーチング式英会話上達法』(紙版/アルク/1,650円)を使うセッションがあるため、必ずご準備ください。(セミナー開始時にビデオをONにしてご提示いただきます)

著者:船橋由紀子さんより
この本には、およそ10年に渡り探求してきた英語学習コーチングの活用法を余すところなく綴りました。英語を学んでおられる方々を念頭に置いて執筆しましたが、英語指導者の方にこそ届いてほしいなぁとも思っておりました。本書とセミナーの内容が、皆様のお役に立つことを願っています。

申込方法

下のボタンをクリックしてください。(申込受付開始:2021年2月17日20時)

上の告知文章をすべてお読みの上でお申し込みください。

リアル受講  リモート受講

新型コロナウィルスへの感染防止のために、T’z英語ラウンジでは以下の対策を行います。(1) 人数制限 通常は30名前後が入場しますが、本企画では講師、スタッフを含め15名以下に制限 (2) 講師、スタッフ、受講者はマスクかフェイスシールド着用 (3) テーブルや備品の消毒 (4) ハンドジェルの設置と使用の奨励 (5) 換気 リアル受講される方で、セミナー当日に37.5度以上の熱がある場合は、リモート受講に切り替えていただけますので、ご相談ください。

リモート受講にPCを勧める理由